読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレアポで重要な事はマーケティング!

テレアポ

テレアポで重要な事はマーケティング!」

 

これがテレアポに対する私の最終結論です。

効率の良い掛け方、トークスクリプト作成強化などのテレアポスキルなんて二の次だと思います。

またここでのマーケティングというのは、勝算のある顧客層(ターゲット)に対してテレアポを行う事です。

市場の状態、競合他社、自社の立ち位置を把握し、自社が提供できるサービスが当てはまりそうな顧客層、マッチしそうな顧客層の仮説立てをしてリストを作成する事です。

 

つまり、リストがアポ率を変動させる大きな要素の一つです。

 

リクルートでは「リストは命、トークは魂」という名言がありますが、私も同じです。

戦略(どこに攻めるか?)と戦術(どうやって攻めるか?)でいうならリストは戦略の部分に当てはまり、テレアポは戦術に当てはまると思います。

 

私の考えでは下記の様な方程式(?)が成り立ちます。

 

①正しい戦略、間違いな戦術⇒戦術を改善すれば上手くいく

②間違いな戦略、正しい戦術⇒上手くいかない

 

いくら優秀なアポインターがいてもリストが間違っていたらアポ率は低いでしょう。アポ率もおろか、その先の成約率も低くかなり営業効率が悪くなると思います。

 

なので、リストの見直しは細かくしましょう。